赤坂孝史と行くスケッチ旅行、シチリア壺のある路地を描く

シチリアの小さな村モンタルバーノ・エリーコナの路地は魅力的!
何に使うのか不明だけど、素焼きの壺が魅力的だ。
玄関先にレモンとオリーブの木がある家に魅かれる。
日陰に一人座り込んでスケッチを楽しんでいると
この家のおばさまがイタリア語で話しかけてくる。
お話したいけど、イタリア語がまったくわからないのが悲しい(*^^)v
赤坂さんから、影色にもっと様々な色を入れるようにとアドバイスを受けて修正した(*^^)v
無彩色っぽい影色にならないように、影色の研究もしなくては~♪
シチリア壺のある路地

いつも見てくださってありがとうございます!
よろしかったら、にほんブログ村をポチッとお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は年二回の赤坂デモに岡山より参加しています。友人も2人参加。
彼の絵を見ると濡れている時に他の色を入れて味が出ていますが、何でも入れれば良いモノでなく、そこには決まりが在ると思います。
同系の暗い色、明るい色、補色、周辺の色、何ですかね?

hiroさん初めまして

私は、三原色を習っていることもあり、特に最近影色が無彩色気味だったようで、アドバイスを受けました。周囲のものが映り込んだ感じとか、自分らしい思い切った色合いとか色々考えられると思いますが、これから研究したいと考えています😅

影の色合い

影の部分たと頭の中で決めてしまうと色味を加える事を端折ってしまうでしょ、私は写真でも現場でも、そこに感じない色味をあえて置くことにしてます。もちろん人それぞれで、好き嫌いはあると思います。

akaさんありがとうございます!

影色の色合い、水面同様これからの課題としてあれこれ試していきたいです。お忙しい中、コメントありがとうございました😄
プロフィール

roko1101

Author:roko1101
旅先でちょこっとスケッチできたらと始めた水彩画。今では、絵を描くために旅をする。絵を描くために花を育てる。絵を描くために元気でいたい。そんな「みちこのスケッチノート」を楽しんで頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
30位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR