牛窓スケッチ金刀比羅宮の階段から描く

小雨の中、勝山から牛窓へ移動する。
中国勝山→津山→岡山→西大寺→牛窓と乗り継ぎ3時間半くらい。
旅館に荷物を置いて、スケッチに出かける。
まずは、海沿いの金毘羅宮の階段から路地越しの海を見ながら描く。
屋根の傾きが難しく何が何だかわからないまま鉛筆描き終了。
途中で雨が降ってきたので、仕上げは自宅となった。
仕上がってみると、あちこち変なところがいっぱいだ。
曇天の光と影も分からない、絵にしにくい景色だけど、
トラックが止まる路地がちょっと気に入ったので、
とりあえず記念にUPしておこう(*^^)v
うしまど

あなたの一票が入りますので、にほんブログ村をポチッとお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Yさんありがとうございます!

牛窓は、小雨の中のスケッチだったので、ほとんど鉛筆描きだけです。あと3枚残っています。なんとかすべて最後まで仕上げようと思っています(*^^)v

鉛筆描きの登場!素敵です(*^^*)

rokoさんの鉛筆描きスケッチ!久しぶり〜〜♪嬉しいな〜(*^o^*)素敵ですね。明暗で描くのとは又別にとても楽しさ伝わってきて、味あります♡この風景も路地の面白さ、形的にゴチャゴチャ感が面白くて、配色も目をひくしとても好きな感じです(*^^*)牛窓も行ってみたくなります(^。^)

ゆりりんありがとう!

線だけなら、雨でも曇りでも問題ないけど、面で描くって光と影がないと難しいよね。スケッチは、いろいろな天候に出会うから~それに合った描き方しないとね。そのためにも白残しを利用して、メリハリもつけたいし、早く仕上げたいですね。牛窓も、もっと季節のいい時期にもう一度行きたいなあ(*^^)v
プロフィール

roko1101

Author:roko1101
旅先でちょこっとスケッチできたらと始めた水彩画。今では、絵を描くために旅をする。絵を描くために花を育てる。絵を描くために元気でいたい。そんな「みちこのスケッチノート」を楽しんで頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
677位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
68位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR